新生活サポートサイト

冬期間の給湯設備、水道管、蛇口等の 凍結にご注意下さい

newlife_ph28.jpg

予防策として...

1. 冬期間は必ず通電、電源ブレーカーをON!

2.凍結防止帯のコンセント・スイッチを確認、作動させて下さい。

3.水をチョロチョロと流しておく。     
※常時(凍結のおそれの無い時に)流されたままになりますと、水道料金が高額になりますので、ご注意下さい。

4. 蛇口まわりに不要なタオルやセーター類を巻きつける。

5.不凍栓による水抜きを行う。不凍栓を閉じる→室内の蛇口を開く。        
※全自動洗濯機の蛇口を常に開いている場合、運転ボタンを押して管内の水を出した後、運転停止して下さい。

※冬期間、一日以上お留守にされる場合は、給湯器の水抜きをお勧めいたします。ガス供給会社さんにアドバイスを受けて下さい。


不凍栓のしくみ
※これは装置のしくみをわかりやすくしたものです。実際の装置とは、かなり異なります。

不凍栓開の状態
蛇口(給水装置)まで水が届いています。

newlife_ph28_01.png


不凍栓閉の状態
不凍栓で水が止まり、蛇口(給水装置)を開けることにより、管の水が排出されます。

newlife_ph28_02.png

前のページへ戻る